• HOME
  • クラブチーム(中学・高校生以上) 活動内容

ジュニア(中学生・高校生)・クラブチーム活動内容

「学校に陸上部がない」
「顧問の先生が陸上競技専門でない」
「学校のグラウンドが狭い」
「活動日数(時間)が少ない」
「専門技術をしっかりと学びたい」

このような理由から、地域の陸上クラブの需要は高まっています。
私たちは陸上競技が好きなアスリートすべてを応援し、サポートします。

ワールウインド陸上クラブでは、神奈川県の陸上を取り巻く環境を、少しでも良くしたい・解決したいという強い想いがあります。誰でも気軽に参加できるクラブとして、たくさんの方のご加入をお待ちしています。

ワールウインドのジュニア選手指導〜日本陸連の指針に合わせた指導方針〜

1. 中学生の陸上競技は走・跳・投を全般的に行います

2018年に日本陸上競技連盟が「競技者育成指針」を発表しました。昨今の日本の陸上競技では早期専門化による早熟化が問題となっており、将来のアスリートの芽を摘んでしまう指導をしているケースもあることが現状です。

中学校入学と同時に陸上競技を始める選手は多くおりますが、その多くは身体が未発達うちから専門種目を決めてしまい、ケガや伸び悩みに苦しむ選手がいます。

クラブではこの指針に基づき、発育ステージや将来を見据えた指導を行います

【部活動選手によくあるケース】※クリックで展開します

よって、この時期の選手は大会出場種目にしばられない多種多様な種目やトレーニングを行わせることが重要となります。

クラブでは大会のない期間は中学生選手に走り方を中心に多くの種目やトレーニングに触れる機会を持たせています。

また,成果を求めるばかり競争性が強まりすぎオーバートレーニング傾向になる場合もあります。

クラブでは陸上競技を次のステージで続けて欲しいという想いを込めて,この時期の選手には楽しく陸上競技に親しんでもらう事も大切にしています。


2. 種目の専門化は高校生以降になってから

高校生以降で発育が進んだ選手から少しずつ競技種目やトレーニングを専門的にしていくことが最適となります。種目トレーニングを2〜3種目程度に絞り込み少しずつ最適種目を選択できるようにしていきます。

基礎が身についた選手から徐々にトップ競技会目指しトレーニング本格化していくのはこの時期からとなります。

引き続き,長期的な目線で選手を育成するためにパフォーマンスにこだわり過ぎない指導をクラブでは行っています。

上を目指せる陸上チームづくり〜大学生・社会人中心のクラブチーム活動〜

また、高校卒業以降も本格的に陸上競技を続けられる環境づくりを進めています。
陸上クラブチーム【ワールウインドAC】としてクラブ所属の大学生・社会人を中心にトップレベルの競技会出場を目指し、通常の活動以外にも自主的に集まりトレーニングを行っています。

特に、リレー競技においては実業団大会での入賞や関東大会での入賞実績があり、大学の競技部や実業団チームだけでない、クラブチームというもう一つの陸上競技の続け方をワールウインドで見つけて欲しいと思います。

【ワールウインドAC 競技実績】※リレー競技のみ掲載

2018年度
東日本実業団陸上競技選手権 4×100mR 4位入賞
神奈川県陸上競技選手権   4×100mR 5位入賞
関東陸上競技選手権     4×100mR 8位入賞
チーム新記録樹立 4×100mR 41秒74
2017年度
東日本実業団陸上競技選手権 4×100mR 3位入賞
4×400mR 4位入賞
2016年度
東日本実業団陸上競技選手権 4×100mR 4位入賞
4×400mR 4位入賞
チーム新記録樹立 4×400mR 3分21秒88

ワールウインドAC
〜4継の軌跡.2018ver〜

※クラブ選手より作成・提供頂きました

無料体験

はじめての方へ